1. HOME
  2. 信州浪漫紀行
  3. 門前町の歴史が息づく善光寺界

門前町の歴史が息づく善光寺界

新旧の時代と文化が織り混ざった魅力ある善光寺界隈

roman03_main.jpg

善光寺のご本尊「一光三尊阿弥陀如来」は552年仏教伝来の折りに百済から渡来した。日本最古の仏像と伝えられています。この如来が信濃の国の本田善光によって現地にもたらされ、善光宅に安置されたのが善光寺の始まりとか。「牛にひかれて善光寺参り」で全国的に知られ、一生に一度お参りすれば誰でも極楽浄土できると、参拝者が絶えない善光寺。約1400年前の創建以来、源頼朝や武田信玄、徳川家康など時の権力者からの信仰も厚く、江戸時代になると庶民の参詣も急増。特定の宗派を持たず、すべての人々を救済する名刹として今では年間700万人もの人が訪れています。

善光寺は、5万9000平方mの敷地を持ち、本堂を中心に大勧進・大本願と39の塔頭からなる大寺院を形成しています。善光寺の門前にのびる表参道は、鎌倉時代から賑わいをみせ、江戸時代には北国街道の宿場町としても栄えました。今でも蔵造りの建物が残り、風情を愉しめます。長野駅から善光寺までは距離もそう長くないため、門前町を守ってきた老舗のお店に立ち寄ったり、面影残る町並みを歩いたりできるのも、善光寺参りのもう一つの楽しみです。善光寺の周辺には江戸時代から伝わる七名所(七院、七社、七池、七清水、七橋、七塚、七小路)や約300年前に寄進された七七七七枚の石畳などがあります。これを訪れるもよし、善光寺七福神めぐりをしながら参詣するもよし、まちかどミニ博物館めぐりをするもよし、あなたならではの善光寺界隈そぞろ歩きを愉しんでみませんか。

【善光寺本堂】
roman03_01.jpg
高さ30m、間口約24m、奥行き約54m、建坪約431坪。東日本の国宝では最大の木造建築です。撞木(しゅもく)造り」という善光寺独特の構造は、一人でも多くの人が内陣に入ってお参りできるよう参拝者のための空間を広く取ろうとしたものです。現在の本堂は江戸中期の再建で、国宝に指定されています。


【経蔵】
roman03_02.jpg
内部にある八角形の輪蔵には取っ手がついており、一回転させると一切経全巻を誦したと同じ功徳があるとされています。









【大香炉】
roman03_03.jpg
紫雲の煙をこすりつければ無病息災、病気平癒。鎮座する獅子は人々の悩みをかわりに受けてくれるのだとか。









【輪廻塔】
roman03_04.jpg
南無阿弥陀仏と書かれた石の輪を回すと功徳が得られるといわれています。






【回向柱】
roman03_05.jpg
7年に一度行われる御開帳で多くの参詣者に触れられて如来様との結縁の大役を果たした大回向柱は、境内の隅でひっそりと静かに土に帰るのを待っているのです。




【大奥供養塔】

roman03_06.jpg
春日局、徳川家光夫人の本理院など大奥関係者の供養塔が並ぶ。






門前町、善光寺界隈
小春日和に誘えわれ、門前町の歴史が息づく善光寺界隈を、
そぞろ歩いてみませんか。



新旧が共存する、お洒落空間
roman03_07.jpg 【善光寺外苑 西之門(蔵元よしのや)】

吟醸生酒「西之門」、清酒「雲山」と善光寺みその醸造元。中庭を中心に、酒の試飲・見学ができる醸造場、酒とみそを販売する「よしのや」、そして献立の内容が毎月替わる季節の料理が人気の「レストランさくら」を併設した新旧が共存しているお洒落な空間。

営業時間/9時~18時(レストラン10時~20時L.O.)
定休日/無休(レストランのみ第4水休)
TEL/026-237-5000


自分だけのオリジナルの漬け物。
roman03_08.jpg 【木の花屋】

合成着色料や保存料を一切使わない漬物、佃煮の素朴な美味しさを提供してくれるお店。定番以外にも「赤ワイン漬らっきょう」「カレー味ピクルス」「きのこピクルストマト風味唐辛子入り」「ザワークラウト」などオリジナルの漬物が揃う。かわいい籠もありお土産におすすめ。

営業時間/10時~17時 
定休日/無休 
TEL/026-252-7001

長野県ではじめての洋傘店。
roman03_09.jpg 【三河屋洋傘専門店】

洋傘は勝海舟が遣米使節団の際に持ち帰ったのがはじまりといわれています。後の明治10年、長野県で始めて洋傘店を開いたのがここのお店。販売から修繕まで全国でも珍しい手作りの洋傘店。店のスタイルも対面販売・座売りとこだわりをもつ。着物やスカーフなど生地を持ち込むことも可能で、オンリーワンの傘をつくってもらえます。

営業時間/8時30分~19時 
定休日/不定休 
TEL/026-232-2512

創業280余年の老舗の唐辛子。
roman03_10.jpg 【八幡屋礒五郎】

「善光寺参りの手形」といわれるように門前町の入口に建つ、創業280余年を誇る老舗の七味唐辛子のお店。七味唐辛子が入るストラップはお土産としておすすめ。

営業時間/9時~18時30分 
定休日/第1、3月曜
TEL/026-232-3966


善光寺参りの思い出が一層深まります。

roman03_11.jpg【淵之坊】

善光寺には39もの宿坊があり、全国から集まる信徒の善光寺参詣をお世話しています。ここ「淵之坊」はその一坊で、お食事は昔から宿坊で供されてきた伝統の精進料理。参詣の後はぜひここで、善光寺参りの思い出を一層深めてみてはいかがでしょうか。※食事は要予約
料金/・昼食のみ1575円(税込)~
     ・特別精進料理6300円(税込)~
     ・宿泊1泊2食付8400円(税込)~
TEL/026-232-3669
URLwww.fuchinobo.or.jp
お問い合わせ/善光寺宿坊組合 026-234-3591


門前町、善光寺界隈の歴史に佇む、たおやかな時の流れ


【喜多の国】
roman03_12.jpg
嘉永6年(1853)創業の老舗茶補。静岡県山間部で栽培している「山のお茶」を中心に日本茶インストラクターでもある社長自らが選ぶ全国産地別の茶葉を揃えている。

営業時間/9時~18時30分
定休日/無休 
TEL/026-232-2136

【すや亀本店】
roman03_13.jpg
門前町で味噌屋の暖簾を構えて100余年。良質の大豆や米塩を使い、品質本位の姿勢で限定生産をしている「門前みそ」や厳選された原材料を使用した漬物が評判の店。

営業時間/9時~18時(食事処10時30分~17時)
定休日/無休 
TEL/026-235-4022

【ちょっ蔵おいらい館】
roman03_14.jpg
江戸時代中期頃から菜種油の製造問屋を営んできた旧家を移築し、お休み処やギャラリーとして開放。幕末の門前町商家の暮らしを伝える貴重な建物。

営業時間/9時~17時
定休日/月曜 
TEL/026-235-0100

【御本陣藤屋】
roman03_15.jpg
初代藤屋平五郎が300余年前に開き、後に加賀百万石のご本陣を務めた由緒ある旅館。福沢諭吉など名士を数多く迎えた重厚な洋館は門前町の象徴。現在は改装中。

TEL/026-232-1241

【お酒の辛口屋】
roman03_16.jpg
店主の好みであった辛口のお酒を中心に提供。現在では、信州の地酒をはじめ、日本酒は50種以上、ワインは信州産や輸入物あわせて180種以上の品揃えを誇る。

営業時間/9時~19時
定休日/無休 
TEL/026-232-5359

<<前の記事次の記事>>