1. HOME
  2. 信州浪漫紀行
  3. 真田十万石の城下町

真田十万石の城下町

真田十万石の城下町 武家文化を色濃く残す松代を歩く
エコール・ド・まつしろ2004年 開講

roman08_main.jpg

武田信玄、上杉謙信の古戦場川中島の対岸に、ひっそりとたたずむ山あいの町・長野市松代町。ここは、六文銭で知られる松代藩真田十万石の城下町。江戸時代、名勝の血を受け継ぐ真田氏の統治下、松代は小藩ながらも誇り高く潤いに満ちた武家文化を開花させました。
今年春、復元修復された松代城を中心に広がる城下町には、由緒ある武家屋敷や神社仏閣、泉水が流れる町並、町家の庭園、そして大名道具の数々を収めた宝物館など、貴重な文化財が点在し、大名家真田十代の歴史が培った城下町文化を現在に伝えています。この独自の文化が、明治維新の先覚者佐久間象山や日本初の新劇女優松井須磨子など、時代を駆けた先達を生み、文武や遊芸を嗜む気風に富んだ文化も育みました。
また、一方で、第二次世界大戦時には大本営を松代に極秘に移転させようと大規模な地下壕が掘られるなど、貴重な戦争遺跡もあり、時代を超えて私たちに語りかけてきます。童謡の里としても縁は深く、歌碑巡りができるほか、全国でも唯一といわわれる江戸時代以来の水路網を残す松代は、水の町でもあります。さまざまな趣をもつ松代の散策は、時代を超えた愉しみ方を訪れる人に与えてくれるはずです。今年の秋は、日本をたしなみに松代に出かけてみませんか。


水辺の遊歩道(象山神社界隈)
roman08_p1.jpg 城下町松代は、水の町。江戸時代から多様なカタチで町並に水の流れをとりいれてきました。
特に武家屋敷を池から池へと水が流れる泉水(路)が残っているのはここ松代だけ。



日暮し庵
roman08_p2.jpg松代の長芋とソバが自慢の店。江戸時代の民家(真田藩の財政を立て直した恩田杢の縁の屋敷)を改修した店内は城下町にふさわしい風情を残し、とろろと麦飯がセットになったそば定食がおすすめ。

営業時間/11:00~15:00
定休日/火曜休
TEL/026-278-3356

池田満寿夫美術館
roman08_p3.jpg長野市出身の芸術家池田満寿夫の美術館。版画家、彫刻家、作家など多彩な顔をもち、国際的に活躍した池田満寿夫の初期から晩年までの作品を展示。
最期の作品「土の迷宮」「美貌の青空」そして大作レリーフ「天女乱舞A」は見逃せない。
★開館7周年記念特別企画「池田満寿夫の日本回帰」~11月24日まで

営業時間/9:00~17:00
休館日/木曜休(会期中無休)
料金/700円
TEL/026-278-1722

松代城趾本年オープン!
roman08_p4.jpg戦国時代「海津城」として武田信玄が築城したといわれ、江戸時代には真田氏の居城に。国の史跡に指定され、今年春に10年かけて太鼓門や堀、石垣、土塁の復元工事が完了。

営業時間/9:00~17:00
休館日/無休
料金/無料
お問い合わせ/松代文化施設等管理事務所 026-278-2308

真田邸
roman08_p5.jpg松代城趾のうちで唯一残っている建築物。長土塀や白倉等の旧大名屋敷の様式を残した閑静な佇まいと小堀遠州の流をくむといわれる庭園が見事。

営業時間/9:00~17:00(入館は16:30)
休館日/無休
料金/大人200円(真田宝物館、文武学校、真田邸共通券500円)
お問い合わせ/松代文化施設等管理事務所 026-278-2308

真田宝物館
roman08_p6.jpg旧松代藩真田家から寄贈された武具や美術品など数万点を収蔵。国の重要文化財である青江の大太刀をはじめ、武田信玄からの書状他貴重なものがある。(※展示物は企画ごとに入替)

営業時間/9:00~17:00(入館は16:30)
休館日/火曜休
料金/大人300円(真田宝物館、文武学校、真田邸共通券500円)
お問い合わせ/松代文化施設等管理事務所 026-278-2308

松代象山地下壕(戦争遺跡)
roman08_p7.jpg第二次世界大戦末期、本土決戦の最後の拠点として大本営を松代に極秘に移転させようと掘られた大規模な地下壕のひとつ。碁盤の目に掘られた坑道の総延長は5900m。現在は一部が公開され、当時の様子がボランティアによって語られています。

営業時間/9:00~16:00
休館日/第3火曜休
料金/無料
お問い合わせ/長野市観光課 026-224-5042

旧松代藩文武学校
roman08_p8.jpg佐久間象山らの具申により、1855年に開講された文武学校。剣術所や文庫蔵などがあり、往時の様子が感じられる。

営業時間
/9:00~17:00(入館は16:30)
休館日/無休
料金/大人200円(真田宝物館、文武学校、真田邸共通券500円)
お問い合わせ/松代文化施設等管理事務所026-278-2308

松代のお酒・お菓子・お食事処

宮坂酒造店
roman08_p9.jpg松代の豊かな自然に育まれた銘酒を持つ。海津桜をはじめ、象山、真田十万石、遊学松代などがある。

TEL
/026-278-2006


かどや本店
roman08_p10.jpg創業明治10年の老舗和菓子屋。旬の果物を使ったオリジナルの和菓子が自慢で、秋なら生の巨峰を牛皮でくるんだ「紫一味」がおすすめ。

営業時間/8:00~19:30
定休日/火曜休
TEL/026-278-2118

竹風堂
roman08_p11.jpg小布施の名物、栗おこわの元祖がここ。松代店では、松代ならではの長芋を使ったお食事「麦とろ膳」をはじめ、栗おこわの定食や甘味も楽しめる。

営業時間/10:00~18:00(販売は8:00~)
定休日/木曜休
TEL/026-278-1711


日本を嗜もう遊学城下町 信州・松代 


エコール・ド・まつしろ2004年 開講
roman08_p12.jpg城下町で遊ぶ、学ぶ。国指定史跡などの貴重な文化財を趣味や生涯学習の舞台として利用し、知的で創造的な時間を愉しもうとまちづくりの一環として、今年「エコール・ド・まつしろ」が開講。松代の趣味や生涯学習を嗜む人びとが中心になって、文化財活用のボランティア組織「エコール・ド・まつしろ倶楽部」を発足。
華道、茶道、邦楽、俳句、写真、絵手紙、歴史探訪、郷土食など、城下町松代に受け継がれている生活文化を広く紹介し、松代に多く残る文化財を積極的に活用した「生涯学習」を通して、交流リゾート地松代をめざしたイベントがはじまっています。

お問い合わせ/エコール・ド・まつしろ2004実行委員会
TEL/026-278-2199

<<前の記事次の記事>>