1. HOME
  2. 蓼科野鳥通信

蓼科野鳥通信

バードウォッチング

飛田信一郎(プティトオーベルジュ ステンドグラス)何も道具がなくても出来るのがバードウォッチングの良いところです。窓越しに、テラスやバルコ...

続きを見る

オオワシ(大鷲)

1999年1月諏訪湖で溺れかかっていた国の天然記念物"オオワシ"を保護、一ヶ月間自宅で世話をしてから放鳥しました。それ以来" グル"(愛称...

続きを見る

オオルリ(大瑠璃)とコルリ(小瑠璃)

「青い鳥」の代表"オオルリ"と"コルリ"です。オオルリは梢にとまり、飛んでいる虫をヒラリヒラリと捕らえます。その姿からフライングキャッチャ...

続きを見る

エナガ

晩秋を迎え、小鳥たちは本格的な厳しい冬を越す準備を始めています。今回は、蓼科エリアで見ることのできる最小クラスの小鳥、「エナガ」を御紹介しま...

続きを見る

ヤマガラ

今回は留鳥として、通年、蓼科周辺で見る事の出来るヤマガラを御紹介します。通常、種の表記にはカタカナが使われますが、漢字では山雀と書きます。

続きを見る