1. HOME
  2. 蓼科野鳥通信
  3. バードウォッチング

バードウォッチング

飛田信一郎(プティトオーベルジュ ステンドグラス)

20090907_hobbies01.jpg

何も道具がなくても出来るのがバードウォッチングの良いところです。窓越しに、テラスやバルコニーから、あるいは散策の途中にでもゆっくりと森を眺めてみましょう。何かの声が聞こえたら耳を澄ましてみます。
鳥の声を聞いていると、そのうちになんとなく何を喋っているのかが想像できるようになります。おそらく鷹や百舌などの猛禽が近くにいる時に小鳥たちが上げる警戒のけたたましい声はすぐに区別できるようになるでしょう。

もしも野鳥の世界に興味をもたれたのなら、8倍~10倍程度の双眼鏡と図鑑を手に入れると良いでしょう。決して慌てたり急いだりせずにゆったりとした気持ちでその環境に溶け込んでいる事、これがバードウォッチングのこつです。
是非蓼科の自然をご自身で感じてみて下さい。


20090907_hobbies02.jpg

<<前の記事次の記事>>