1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科東急体験談
  4. 【H22最終イベント】晩秋の里山と守屋山ハイク同行記

【H22最終イベント】晩秋の里山と守屋山ハイク同行記

【蓼科東急体験談】

えー、皆様おはようございます。

(現在時間ではこんにちわ)

DSCN2990.jpg

本日は清清しいほどの晴天!

(※これは11/6の様子です。更新日は10度で午前晴天、午後曇→雨でございます)

私は現在諏訪大社の上社近くの守屋山に向っております(・∀・)

 

さて、今回の晩秋の里山と守屋山ハイクですが参加者はなんと14名!水抜きが始まっている蓼科の別荘地ですがかなりの方にご参加いただきました。

ありがとうございます(ノ∀・)

 

今回のルートは簡単に守屋山の杖突峠→東峰→西峰→東峰→杖突峠と言う、行って戻ってというルートで本格登山ではございません。

 【今回のコースのご案内:諏訪大社上社の御神体、東峰と西峰からなりいずれも劣らぬ八ヶ岳や南・中・北アルプス更に浅間山、諏訪湖など展望が素晴らしい。秋にはきのこも豊富であるがこの時期残っているかどうか】

疲労度に関しては疲れが若干出るくらいですので秋山をハイキングで楽しむにはもってこい?かと思います。(実歩4時間程度)

DSCN2994.jpg

では、杖突峠・守屋山神社からスタートとなります。

DSCN2995.jpg

スタート直後の坂道・・・ゆっくり歩いて15分程度の道でしょうか、足元はあまりよくないようです。

DSCN2999.jpg

上を見上げると背の高いからまつの紅葉が青空に映えます・・・葉はかなり落ちておりますが秋を感じることの出来るショットでございます(・∀・)

DSCN3004.jpg

坂を登ってからのしばらく(登山口まで)はほとんど平坦な林道になっており歩きやすい道。

今回は座禅草コースへ~

DSCN3005.jpg 

木で出来た橋を通り一同は守屋山登山口に。

どの写真も黄色が目立ちます♪

DSCN3008.jpg

先ほどの看板より15分?程で登山口まで着きます。

時間の方は体感になりますのでもう少しかかっていたのかも知れません。

DSCN3011.jpg

萱葺屋根の建物・・・違和感なく佇んでいるので若干癒されました。

尚、ここには休憩スペースがあり、最後の仮設トイレもあります。

DSCN3012.jpg

休憩スペースからの道のり・・・ここが一番の難所になります。

傾斜がきつい道が続きますが途中、木々の間から諏訪湖をみることもできます(・∀・)ノ

この日は他の登山団体の方もいて普段よりかなり人が多かった模様・・・

途中出会った方からは「頂上では今年一番の光景が見れる」という話も・・・(※遠かったので私にはこんな感じに聞こえました)

DSCN3027.jpg

そんな訳で東峰頂上です。

っ自身は9月の北八ヶ岳初秋以来のイベントだったのでここから疲れが出始めます(笑

・・・さて、先ほど出会った方からの「一番の光景」これは何かと言うとこちら・・・(冒頭でネタバレ済みですが)↓

DSCN3019.jpg

よくわかりませんよね・・・

拡大↓

DSCN3020.jpg

甲斐駒ケ岳!?

おーよーびっ

DSCN3021.jpg

檜尾岳?(あっているか自信はありません・・・)

雪を被っております・・・

画像を多少ぶれていますが、双眼鏡を持っていかれることをお勧め!

(裸眼では遠い気がします><;)

360度!前後上下左右!(※下は地面)圧倒的な眺望!

DSCN3049.jpg

こちらは茅野側・・・

右に阿弥陀・横岳、左は縞枯・茶臼山を一望!

こっちは雪がないようです(´・ω・`)

DSCN3031.jpg

えー、通常ここで分割して次週まで引き伸ばしたいですが(ネタの保有ではないです;)、今回は1記事ですべてを載せようと思います。

DSCN3033.jpg 

で、こちらは西峰頂上・・・昼ご飯・・・頂きます!

DSCN3034.jpg

やー、こちらも絶景が広がっております♪

東峰→西峰まではそんなに傾斜は無いのでゆったりと歩けるかと思います。

DSCN3040.jpg

この写真で今回写真では初登場、TCの登山家です。(遠くを指してる人)

この時しばらく山の説明が続きますが、私はある理由でDOWNしております。

(カメラアングルが若干下なのはそのため・・・)

DSCN3041.jpg

西峰の最後は集合写真にて〆!

これにて今回の記事は終了。

皆様お疲れ様でした。

 

 

と言いたい所でしたが、下山がございます・・・。

DSCN3045.jpg

行きで通り過ぎた守屋山奥宮!?

小さいながらにもオーラ?が漂っておりました。

ちなみにお賽銭にはピカピカの硬貨が・・・(※当方財布忘れ・・・

ここで大幅に道のり解説を省きまして、当初は行く予定であったが、行く予定から外し(時間の関係で)、更に帰り道歩行速度を飛ばした為立ち寄ることになった諏訪大社・上社へ!

DSCN3052.jpg

こちらもまだ若干の紅葉が残っております。

H22蓼科日和秋号裏表紙で書いた「巡り巡って~」ではないですがパワースポットの関係で綺麗に紅葉してたのかなと、今となっては思います。

DSCN3057.jpg

豪快な巨木・・・

DSCN3058.jpg

左に御柱!

DSCN3061.jpg

そしてこれ!

皆様記念?に参拝しておりました(※※当方財布忘れ・・・orz

これにて11/6(土曜日)のイベント同行記終了です。

年内のイベント関係の更新は私はもうないかと思いますが、このような記事が来年の皆様の旅行のご参考までになれば幸いです。

 

では、今年もお疲れ様でした!

(月曜日:太田(ドライアイ発症中))

 

«前の記事次の記事 »