1. HOME
  2. 最新情報
  3. ファンクラブ
  4. おすすめ日帰り温泉ガイド

おすすめ日帰り温泉ガイド

【ファンクラブ】

spa_guide_img01.jpg

spa_guide_img02.jpg

spa_guide_img09.jpg

タウン内、日帰りも楽しめる高原スパリゾート。
露天風呂、サウナ、打たせ湯をはじめ、一年中入れる屋内温水プールなどバラエティに富んだ温泉施設が楽しめ、タウン内でのスポーツ後にすぐ入れる気軽さが人気です。
タウン内ホテルでは宿泊のお客様以外のお食事・入浴も大歓迎ですのでお気軽にお問い合わせください。(※鹿山の湯はファンクラブポイントの対象施設です)

住所:〒391-0301 茅野市北山字鹿山4026-2
電話:0266-69-3800
日帰り入湯:12時~24時(営業終了)
入湯料
大人1,000円、子供600円(12/29~1/3の期間 大人1,200円、子供700円)
休館日
平成22年1月12日~1月14日、1月17日~1月21日、2月15日~18日、2月22日~25日、3月14日~3月18日、4月5日~8日
HPhttp://www.tateshina-tokyu.com/spa/

spa_guide_img10.jpg
泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、打ち身、美肌効果


spa_guide_img03.jpg

信玄の薬湯」の名は戦国時代以後、甲斐の雄将・武田信玄が越後上杉氏との合戦のため八ヶ岳を巻いてこの奥蓼科を通る「信玄の棒道(ぼうみち)」を建設したことに端を発します。この道は信玄の合戦に重要な役割を果たしたと言われています。
奥蓼科温泉の薬効に目をつけた信玄が傷兵たちをこの地で湯治させて以来「信玄の薬湯」と呼ばれるようになり、今日までそれが続いています。

spa_guide_img04.jpg住所:〒391-0213 茅野市奥蓼科温泉
電話:0266-67-2128
日帰り入湯:11時~17時
入湯料:大人1,500円、 小学生1,000円、幼児500円
休館日:年中無休
HPhttp://www.sib-tatu.com/

spa_guide_img05.jpg
泉質:単純酸性ナトリウム硫酸塩泉
効能:胃腸病、神経痛、リュウマチ、皮膚病、創傷、病後回復


spa_guide_img06.jpg

全長約6キロの渓流に沿った遊歩道にはマイナスイオンが空気1ccの中に20,000個も存在するといわれ、健康増進やヒーリングにと近年注目を集めています。
横谷渓谷の冬季トレッキングでは凍結した滝を楽しむことが出来ます。
屏風岩氷瀑・乙女滝氷瀑・霧降滝氷瀑など雄大な自然芸術を間近に見ることができ、巨大な氷柱は圧巻の一言です。
渓谷トレッキング後の入浴には絶景を眺めながらの露天風呂がおすすめ。

spa_guide_img07.jpg住所:〒391-0301 茅野市北山5513
電話:0266-67-2080
日帰り入湯:12時~15時、19時~21時
入湯料:1,500円
休館日:年中無休
HPhttp://www.yokoyaonsen.com/
spa_guide_img08.jpg
泉質:①二炭酸炭素泉 ②含鉄泉
効能:
①二炭酸炭素泉:運動麻痺、動脈硬化、筋・関節痛、打撲、高血圧、切り傷、冷え性、更年期障害、不妊症②含鉄泉:貧血、リウマチ、更年期障害、不妊症、慢性湿疹、動脈硬化、不眠症、神経痛


spa_guide_img11.jpg

日本最古の温泉保養施設である片倉館は諏訪市指定の有形文化財。
入浴しながら彫刻、ステンドグラス等をゆっくり楽しむことができる建物が魅力です。
名物の千人風呂は深さが1.1mもあり、立って入浴する珍しい施設です。底には玉砂利が敷かれており、浴槽内を歩くことで足裏に程よい刺激を与え健康促進に繋がると言われています。

spa_guide_img12.jpg住所:〒392-0027 諏訪市湖岸通り4-1-9
電話:0266-52-0604
日帰り入湯:10時~20時30分
入湯料:大人500円、子供300円
休館日:第2・4火曜日
HPhttp://www.katakurakan.or.jp/index.htm
spa_guide_img13.jpg

«前の記事次の記事 »