1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科の今
  4. 本日も蓼科は一日中、雨が降り続きます

本日も蓼科は一日中、雨が降り続きます

【蓼科の今】

 梅雨前線が日本列島上空で停滞しておりまして、この雨は終日降り止まない予報です。

 さて、私共スタッフは毎朝、巡回バスルートを中心にタウンの見回りを実施しておりますが、大雨の後の後始末には苦慮しております。雨に濡れた樹木の葉が見通しを悪くさせ、排水口が詰まって水浸しになり、酷くなると落ち葉や小石が路上に流れ出て、スリップ事故が起こり易くなります。くれぐれも路面状況に御注意くださいませ。

(この私も半月前に側溝の鉄格子(グレーチング)の上で靴底を滑らせ、捻挫してしまい治療中です。)

 野生の動物たちは、何処で雨宿りしているのでしょうか?春先と違って深い繁みの所為でなかなか出会う機会がないのですが、道路際の法面にはケモノが昇り降りした足跡が無数にあります。先日、危険箇所の調査の為に160本のマーカーを用意して獣道の調査をしたのですが、全部使い切ってしまいました。その折、ヴィラ1H棟の向かいの土手で久しぶりにニホンカモシカと遭遇しました。真っ黒というより銀髪に彩られ、短いツノですが尖った先端で、思ったより優美に見えました。(イヌの鳴き声で脅してみようとしたのですが、目の前で草を食みだして怖れを知らず、といった様子でした。)

 この土手のケモノ道は雨水を通して道路に土砂を流し込みますので、小石や水溜りなどにタイヤのグリップを奪われないよう、重ねて御注意をお願い申し上げます。 (By:ヨシダ)

 

 

«前の記事次の記事 »