1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科の今
  4. 諏訪大社下社周辺の観光スポット

諏訪大社下社周辺の観光スポット

【蓼科の今】

おはようございます。本日の蓼科は天気は晴れ、気温は8時30分現在氷点下11度です。タウンセンター周辺の道路状況は写真のとおりです。今のブログ子は情報に事欠かない。少し直近の情報を揚げると、「八ヶ岳観光圏整備推進協議会」(富士見町、原村、山梨県北杜市など主催)が来月1日から6日まで初めての、星空の美しい八ヶ岳に向けて人工オーロラを浮かび上がらせるイベント「八ヶ岳オーロラ伝説」を行う。1~3日は「丘の公園清里ゴルフコース」、5~6日は富士見高原ゴルフコースでいづれも午後8時30分から1時間行われ、入場料は500円です。

 また「よみがえれ諏訪湖ふれアイスin諏訪」では5日17回目となる、諏訪湖の氷で作ったアイスキャンドルを上諏訪駅や高島城、まるみつ百貨店前などで17時より点灯式を行い諏訪地方6市町村へ12,000余の明かりを灯すことになっている。 kesanomiti.jpg

asayake.jpg朝焼け

 

 

 

 

 

 

 

 

          

毎年諏訪大社下社では寒中の2月1日と暑中の8月1日に秋宮と春宮との遷座祭が行われている。特に夏のそれはお舟祭を兼ねて盛大に行われる。地元北山地区も10年に1度お船祭の御頭郷という当番が回ってくる。昨年御柱で陰に隠れたかたちであったがその当番であった。御柱のようにお舟を春宮から秋宮まで曳きつけるのである。

 また北山の湯川地区は毎年2回の遷座祭に出席し、お舟祭では下諏訪の担当地区で製作したお舟を引き受け、それを大社に奉納する役を負っている。遷座祭にいかれたら是非情緒豊かな下社周辺の下諏訪町を散策していただきたい。  aodukakohun.jpg

青塚古墳

 

 

 

itirizuka.jpg

中山道一里塚

 

 

 

 

 

 

 

 

 この神社間には旧中山道が通っており、周辺には旧蹟名刹に事欠かない。秋宮近くでは旧中山道と旧甲州街道との合流点があり、諏訪で唯一の前方後円墳と言われている青塚古墳もある。本陣であった岩波家、今井邦子文学館、時の科学館「儀象堂」、オルゴール博物館「奏鳴館」、歴史民族資料館、各種温泉等がある。 manjishoumen.jpg

万治の石仏

 

 

manjiyoko.jpg 横から見た万治の石仏

 

 

 

 

 

 

春宮の裏には川を挟んで万治の石仏、石庭と杉並木が見事な慈雲禅寺、少し離れて桜の名所水月公園がある。水月公園には芭蕉、地元出身の曾良、赤彦、また子規、虚子など錚々たる歌人の句碑・歌碑が並んでいる。                                           

sekitei.jpg 慈雲禅寺石庭

sandou.jpg 慈雲禅寺杉並木と苔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              

春宮界隈の高台からは上原城址の奥に富士山も仰ぎ見られ、眼下には諏訪湖がどっしりと横たわっている長閑な風景を楽しめる。

 

水月公園の句碑から少し取り上げますと

・湖に月を残して帰る雁        芳人

・夜もすがら秋風きくや裏の山    曾良

・しばらくは花の上なる月夜かな   芭蕉

・信濃路や宿借る家の蚕棚      子規

歌についてはこの諏訪や茅野には歌碑や句碑が多く残され、アララギの歌人も多く排出しているので、次回は地元に残る歌(歌人)に触れてみたい。ただ今回ブログ記載が続いたので暫く休みます。これから節分、事八日等歳時が続きますが後進にその紹介を委ねるので、どうぞ後進のブログをご期待下さい。

        平島

 

 

 

 

 

 

 

«前の記事次の記事 »