1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科の今
  4. 寒くも好天の続く蓼科薄化粧

寒くも好天の続く蓼科薄化粧

【蓼科の今】

本日の蓼科の天気は晴れ、午前9時のタウンセンター前の気温は-7℃です。

昨夜の雪が薄っすらとお化粧をし、道路は滑りやすくなっております。雪は薄っすらあるだけですがスキー場は毎日の造雪作業により良好なコンディションとなっており、全面滑走も間近となっております。

 

PC道路12.30.jpg

八ヶ岳・蓼科山・南アルプスは晴天の下輝いております。

 

PC蓼科12.30.jpg PC南ア12.30.jpg 

昨日は本年最後の休日を餅つきに当てました。昨年ブログに掲載しましたので今回は載せませんが、昨年のブログは下記の通りです。

http://www.tateshina-tokyu.com/info/today/post-1968.php

 

さてイベント登山の2回目ですが、定例の山登りの八子ヶ峰や山登りでない散策等は省略して、後半の3つを紹介します。

 双子山(2,224m)、トキンの岩

   夏の蝶と花をみながらハイキングを楽しむ企画で昨年も登った双子山に行った。7月9日まずまずの好天に恵まれ、蓼科山や横岳を間近に仰ぎながら、ハクサンチドリ、マルバダケブキ、ミネウスユキソウ、ミヤマウイキョウなどの草花やクジャクチョウ、ヒョウモン蝶類、キアゲハなどの飛来を楽しみゆったりした双子山と荒々しいトキンの岩を散策した。

 

トキンの岩集合写真.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

トキンの岩より大河原峠.jpg

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  

芝崎夫妻.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 木曽御嶽山(3,067m)

  9月15日こちらも晴天で山頂付近までは素晴らしい展望を楽しみながら登った。中央アルプスを間近に、その先きに南アルプス更にその奥に富士山、東側に八ヶ岳を、高度を上げるごとに変化する景色を堪能した。山頂では北側に雲が蒔いてしまい、指呼の先の乗鞍以北を眺められなかったのは残念である。

 この日は2日前に脚を捻り、脚を引きずっての登山であったが、歩き出すと下山するまでほとんど普通に歩け参加者に迷惑を掛けずにすんだことがなによりでした。

 

登山開始前.jpg   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂集合写真.jpg 中南アルプス遠望.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂より二ノ池.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独鈷山(1,266m)

  11月5日晩秋の上小地方に屹立する里山の代表独鈷山に登った。下見で訪れた10月中旬は紅葉が美しかったが、この日は紅葉は遅かったもののまだ所々紅葉した木々が残り、高曇りであったが四囲の山々や塩田平などを見おろせました。ため池の多さに同行者の面々は驚かれ、また常念岳はじめ北アルプスや浅間山の眺望に感動しておりました。

下山後別所温泉で汗を流して帰りました。

 

 

s-PB050479.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

s-PB050472.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

s-PB050474.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  それでは次週より今年登った山をときとぎ脱線しながら紹介していきたいと思います。                                平島

 

 

«前の記事次の記事 »