1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科の今
  4. 冬型の強い気圧

冬型の強い気圧

【蓼科の今】

こんばんわ。

本日の天気は

晴れのち

時々雪でした。

只今19時の気温は

-7.2℃

 

昨日の深夜から

降り続いた雪が

本日の朝から積もって

いた蓼科です。

今日も昨日に続き朝から

一日中雪かきに

除雪作業でした。

 

039.JPG

 

044.JPG

西日本に停滞する

強い冬型の低気圧の影響で

全国的に雪マークです。

強い冬型の気圧配置が続くため、

12日(日)にかけては西日本の日本海側や北陸地方を中心に大雪となり、

交通機関が乱れるおそれがあるそうです。

また11日(土)の昼過ぎにかけては、

東北地方や北陸地方で暴風雪や暴風、高波にも警戒が必要です。

 西日本や東日本の上空5,000メートル付近には-39℃以下の寒気が流れ込み、

本付近は強い冬型の気圧配置となっていて、この状態は12日にかけ続く見込み。

また、秋田沖には低気圧があり、低気圧の西側では等圧線の間隔が狭く、風が強ま

っています。

.大雪 12日(日)にかけて警戒

 西日本から東北地方にかけての日本海側では12日にかけて、

同太平洋側では11日にかけて、断続的に雪が降り大雪となるおそれがあるそうです

■11日午後6時までの24時間予想降雪量(多い所)
 中国地方     80センチ
 東北、北陸、近畿 70センチ
 東海       50センチ
 四国       20センチ
 九州北部(山口県)15センチ
 九州南部     10センチ

■12日午後6時までの24時間予想降雪量(多い所)
 東北       50~70センチ
 近畿       40~60センチ
 北陸、東海、中国 30~50センチ
 
 西日本の日本海側や北陸地方を中心に、

大雪や路面凍結による交通障害に警戒し、なだれや落雪、

電線や樹木への着雪に、

ビニールハウスやカーポートは倒壊のおそれがあるため注意が必要です

この西日本に停滞する冬型の低気圧の影響

で蓼科も一時的か継続的にまた雪が降るかもしれません。

記録的に大雪になる所も予報ででてますので

蓼科に来られる際には必ずスタッドレスタイヤで

スピードは出さずに運転に注意してお越し下さい。

本日のブログは

藤森でした。


«前の記事次の記事 »