1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科の今
  4. 無双力士"雷電"(その3)

無双力士"雷電"(その3)

【蓼科の今】

こんにちは。本日のブログ担当の岩下です。今朝7時の気温は10℃、天候は曇りとなっております。

さてこのブログで2回にわたり、生誕250年を迎える江戸時代の名力士「雷電為右衛門」(1767-1825)の話題をご紹介してきましたが、今回はその"番外編"として、これまで取り上げていない情報をご紹介しましょう。

 前回までのブログは、こちら
  無双力士"雷電"(その1)

  無双力士"雷電"(その2)

諏訪大社上社本宮の境内には、雷電生誕200年に奉献された雷電像が建立されていますが、冒頭の写真はその脇に展示されている、雷電の実物大の手形です。


【鋤石(雷電生家)】

1-1.170501.jpg

 

【力石(道の駅雷電くるみの里)】

1-2.170501.jpg         

【力石(白鳥神社)】   

1-3.170501.jpg 

東御市内には、前回のブログでご紹介した、雷電が幼少時引き回していた"鋤石"や、若者が持ち上げて力を競った"力石"が残されています。


【田中の石像仁王像】

2.170501.jpg      東御市田中にある薬師堂の境内には、雷電の母が明和3年(1766年)に奉納した石像仁王像(向かって左側)、また大関昇進後の雷電が寛政8年(1796年)に奉納した石像仁王像(向かって右側)があります。行き方は、田中商店街にある岩下商店の角を曲がるとわかりやすいでしょう。


【海野宿 白鳥神社 土俵】

3.170501.jpg      東御市海野にある白鳥神社の境内には土俵があり、また、海野宿歴史民俗資料館には、雷電が白鳥神社に四本柱と土俵を奉納した時の書状が展示されています。


【雷電自販機・日本酒】

4.170501自販機b.jpg      

 

4-2.170501.jpg      道の駅雷電くるみの里には、雷電をモチーフとした自動販売機や日本酒がありました。

 
【雷電の本】

5.170501.jpg      茅野市図書館にも、雷電にまつわる本が所蔵されています。


5月3~5日には、道の駅雷電くるみの里で「第10回雷電まつり」が開催されます。興味のある方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 道の駅雷電くるみの里



今日のブログはいかがでしたか?
参考になった・おもしろかったと思われた方はクリックしてください。
みんなのモチベーションが上がります!
 
長野県 ブログランキングへ

«前の記事次の記事 »