1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科の今
  4. 無双力士"雷電"を訪ねて(千葉県佐倉市)

無双力士"雷電"を訪ねて(千葉県佐倉市)

【蓼科の今】

こんにちは。本日のブログ担当の岩下です。今朝8時の気温は-7℃、天候は晴れとなっております。

タウンセンターまでの道路はほとんど乾いていますが、タウン内の標高が高い場所や日陰には凍結箇所もございます。お車でご来荘される方はチェーンやスタッドレスタイヤなど冬の装備をご用意ください。

雷電為右衛門(1767-1825)は江戸時代に活躍した信州出身の名力士です。
大相撲史上未曾有の最強力士と言われ、以前、こちらのブログでもご紹介しました。

 無双力士"雷電"(その1)

 無双力士"雷電"(その2)
 

 無双力士"雷電"(その3)
 
  
雷電は晩年、妻の故郷である現在の千葉県佐倉市で、余生を過ごしていました。
冒頭の画像は、稲荷神社の祠や石橋と併せて雷電が寄進した石段を、1987年(昭和62年)の改修の折に敷石として再利用したものです。


1.200201雷電顕彰碑.jpg

2.200201手形.JPG
妙覚寺境内には、大きな雷電為右衛門顕彰碑が建立されています。
毎年2月11日の命日には、妙覚寺で雷電祭が催されるそうです。
京成臼井駅より徒歩約30分

 雷電祭(昨年)


3.200201雷電の墓.JPG
雷電の墓は全国に4ヵ所ありますが、旧浄行寺(現妙覚寺に引き継ぎ)の墓地では、妻や娘と一緒に眠っています。
京成臼井駅より徒歩約15分

 雷電為右衛門の墓


生まれ育った信州と違い、温暖な気候のこの地で、雷電はどのような余生を過ごしていたのでしょうか。
興味のある方は足を伸ばしてみてはいかがでしょう。



今日のブログはいかがでしたか?
参考になった・おもしろかったと思われた方はクリックしてください。
みんなのモチベーションが上がります!
 
長野県 ブログランキングへ

«前の記事次の記事 »