1. HOME
  2. 最新情報
  3. 蓼科の今
  4. 茅野市「前宮水眼(すいが)広場」のご紹介

茅野市「前宮水眼(すいが)広場」のご紹介

【蓼科の今】

こんにちは。本日のブログ担当の岩下です。今朝8時の気温は17℃、天候は晴れとなっております。

諏訪大社上社前宮は、諏訪大明神が最初に居を構えた所で、諏訪信仰発祥の地と言われています。


1.200916前宮交流センター.JPG

今年6月、前宮本殿に向かう参道脇に、茅野市が整備した公園「前宮水眼広場」が完成しました。


2.200916資料館.JPG

広場内には「交流センター前宮」があり、諏訪大社や周辺の史跡、御柱祭りを紹介した資料展示コーナー、休憩や飲食ができる茶房は、多くの観光客でにぎわっています。


3.200916前宮遺跡出土品.JPG

前宮水眼広場周辺には、縄文時代から中世にかけての多くの遺跡が残るとともに、県史跡「諏訪大社上社前宮神殿跡」など、中世の上社の祭祀に関係する遺跡や社が集中しています。
そこで、昨年、茅野市教育委員会は公園整備に先立ち、発掘調査を実施しました。
資料展示コーナーには、諏訪地域の歴史や発掘された土器などが展示されています。


4.200916ワンコインセットb.JPG

茶房すいがは曜日限定(金・土・日)の営業です。茅野の特産品、寒天を使ったあんみつやところてんが提供されています。あんみつにはトマトやリンゴ味の寒天が入っていました。


5.200916水車.jpg

施設名称の「水眼(すいが)」は、前宮の脇を流れる「水眼川」に由来しています。その豊富な水を生かし、公園内には水路や水車が新たに設けられました。池では水遊びもできます。

行楽の秋、蓼科へお越しの際はぜひお立ち寄りください。


水眼川をご紹介した過去のブログはこちら

「蓼科周辺の湧泉」



今日のブログはいかがでしたか?
参考になった・おもしろかったと思われた方はクリックしてください。
みんなのモチベーションが上がります!
 
長野県 ブログランキングへ

«前の記事次の記事 »