1. HOME
  2. 蓼科で遊ぼう
  3. トレッキング・散歩道
  4. 服装についてのご案内
  5. 冬の服装

冬の服装

  • 服装についてTOP
  • 春・秋の服装
  • 夏の服装
  • 冬の服装
  • 注意事項

図:冬の服装

服装&装備ワンポイントアドバイス

防寒のための帽子
防寒のための帽子 標高にもよりますが、そろそろ毛の帽子が欲しくなる頃です。
Tシャツと長袖を重ね着
Tシャツと長袖を重ね着暑けれ脱ぐ、寒ければ着る。
1.Tシャツ
2.長袖のシャツ
3.フリース
4.雨具
これらを着たり脱いだりして変化する自然の状況に対応します。
ストック
ストック 慣れない方は、ストックがあると便利です。伸び縮みするものがいいでしょう。
無ければスキーのストックでもかまいません。下りでとても助かります。
雨具の上下
雨具の上下動物はみんな体が濡れることを嫌います。生きるということは体温を維持することだからです。どんなに晴れた日でも、天候の急変は普通にあります。体温維持のために、この装備は必ずお持ち下さい。
ゴアテックス製の物は信頼が高く快適です。
毛のセーター(フリース)
毛のセーター(フリース) 寒くても避難する場所のない野外では、体温を維持するためのアイテムが大切になります。暑ければ脱ぎ、寒ければ着る。重ね着テクニックで自然の変化に対応しましょう。
行動食としてお菓子
行動食としてお菓子 チョコレートや飴などの他にポカリスエットなどの粉末タイプもいいです。
リュックサック
リュックサック 両手を自由に使えるので、リュックサックを背負いましょう。肩掛けカバンは歩行を妨げます。
薄い毛の手袋
薄い毛の手袋 軍手でもいいです。指先が冷たいのは切ないです。
登山靴orトレッキングシューズ
登山靴 or トレッキングシューズ歩くことが全ての山の中で最も大切な道具です。
1.足首をしっかりホールドしてくれること
2.信頼できる防水性
3.軽いこと
4.自分の足に合うことなどを基準に選んでください。
これだけは安物買いをせずに登山用品店でしっかりしたものをお選び下さい。
水を500cc以上とテルモス(魔法瓶)
水を500cc以上とテルモス(魔法瓶)ペットボトルが軽くていいでしょう。テルモスに温かくて甘い紅茶などがあるとgoodです。
トイレットペーパー(ティッシュは駄目)
トイレットペーパー(ティッシュは駄目) 化学処理されたティッシュは土に還りづらく、何年も解けずに残ってしまいます。山ではトイレットペーパー使いましょう。芯を外して一部を持ち歩けば荷物にもなりません。使用した紙は近くの山小屋まで持ち帰りましょう!
ヘッドライト
ヘッドライト 緊急の場合の装備です。両手を使える方がいいですし、だいぶ軽いものが有ります。

冬ならではの装備

ワンタッチアイゼンを装着できる防水性・保温性の高い登山靴

アイゼンを装着するためには、ソールが曲がりにくい硬いものを選ぶ必要があります。通常「シャンク」という板がソールに入っていて、ソールが曲がらないようになっています。このことによってアイゼンとの相性がよくなりますが、反面、自然な足裏の曲がりがなくなるので、歩く感覚がちょっと変わってきます。ソールの曲がってしまう靴でも、紐締めタイプのアイゼンをつけることができますが、他のことを考えるとあまりお勧めできません。
また、雪面に足を蹴り込んで自分で雪面に足場を作りながら歩くことが必要になったとき(キックステップ)、しっかりしたソールの靴ならばとても楽です。
防水性ですが、足首が高い靴は雪の浸入を防いでくれます。冬山の登山靴は夏山のそれに比べて足首回りが高くなっています。最近ではゴアテックスで防水効果を上げているものがあります。
以前は冬の登山靴=プラスチックブーツという図式でしたが、現在は皮製のものが主流になりつつあるようです。それだけフィット感が高まるからです。

アイゼンは12本爪の物を選んでください。

一般縦走用と指定すればいいでしょう。購入の時は靴との相性がありますから、必ず登山靴を持ってあわせてみてから購入をしてください。

肌着はかならず化繊のものを選んでください。

キャプリーンはおすすめです。
まずTシャツを着て、その上に長袖の化繊のシャツを着ます。寒ければその上にフリースを着ます。降雪中や風の強い時はさらにその上にジャケットを着ます。防風性のフリースがあるととても便利です。
下は化繊のタイツの上にオーバーズボン(スキーズボンのようなもの)をはきっぱなしにします。

ジャケットとスボンは、裏地や中綿のついていないものを選んでください。

例えば裏にフリースがくっついてしまっているものはだめです。また、中綿の入っていない(シンサレートなどの中綿が入っていない方がいいです)ものを選んでください。裏地については、メッシュの網網はOKです。
服装の基本は夏も冬もレイヤード(重ね着)です。一枚で分厚いものを着るよりは、何枚かの薄いものを重ね着する方が、さまざまな状況に対応できます。
歩いている時の通気性を考えて、ジャケットは脇の下に、スボンは腿の横にファスナーが着いていて開け閉めすることで換気できるものがお薦めです。ここが、ゲレンデ用のスキーウェアーと大きく異なるところです。
最後に雨具の上下は滑落の時によく滑ってしまうので駄目です。

フェイスマスク。

銀行強盗の時に使えるものがいいです(!?)

毛の、薄手の手袋を最低2枚。

オーバー手袋を2枚(必ず1セットの予備を)

毛の帽子

耳までカバーできるものが良いです。

サングラスとゴーグル

靴下は毛の物を選んでください。

必ず替えのものを1足お持ちください。

防寒を考えた時の靴の利用法

図:長靴を使いこなす

リュックサックの中身

図:リュックの中身一覧