1. 別荘オーナー様HOME
  2. 果実酒の作り方
  3. 梅酒

果実酒の作り方

梅酒

自然の恵みがたっぷりな長野県では各家庭で季節の果実酒作りが盛んです。せっかくの蓼科ライフ、身近な新鮮素材を使って果実酒作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。第1回は誰でも簡単に作れる「梅酒」のご紹介。地元直売所で仕入れた青梅で挑戦します。

【材料】
・青梅1kg
・氷砂糖600g前後(お好み)
・甲類焼酎1.8L(一升)
【用意するもの】
広口のガラス瓶(密閉できるもの)
中の分かりやすい透明なものが
おすすめです。

 1.  梅の実は完熟手前の新鮮なもので、無傷のものを選びましょう。傷んでいるとせっかくの梅酒が濁る原因に。一晩水に漬けアク抜きをします。 梅酒1.jpg

 2.  1粒ずつきれいに水洗いしてザルにあげ、キッチンペーパーで水気をしっかり取っておきます。なり口(ヘタの部分)を竹串で取り除いて下ごしらえの完成。くぼみの汚れもしっかり取り除いてください。 梅酒2.jpg

 3.  瓶を洗浄し熱湯消毒した後、よく水気を切り冷まします。氷砂糖と梅の実を交互に入れていきます。均一に敷き詰めましょう。 梅酒3.jpg

 4.  瓶を洗浄し熱湯消毒した後、よく水気を切り冷まします。氷砂糖と梅の実を交互に入れていきます。均一に敷き詰めましょう。  梅酒4.jpg

 直射日光のあたらない冷暗所で保管します。1~2週間ごとに揺り動かして糖分が均一に混ざるようにしてください。3ヶ月程度であっさりとした味わい、1 年ほど経つとコクが出てきます。大体の果実酒は、飲めるようになる期間(梅酒だと3ヶ月)の2~3倍で熟成します。漬けた日付をメモしたシールなど瓶に、 を貼っておくと、管理しやすくなって便利です。