社会課題への取り組み

環境にやさしい「森のバイオマスボイラー」

01.jpg

東急リゾートタウン蓼科「もりぐらし」では、エネルギーの地産地消をめざした取り組みをはじめています。

間伐とは樹木の密集を抑制することで、太陽光がそれぞれの樹木(カラマツ)にしっかり届き、森林の育成を促すために大切な作業です。日光が届くことにより下草が茂り、樹木の根を強くします。地盤が強固になることで、崖崩れなどの自然災害対策にもつながります。間伐で得られた材木はウッドチップに加工され、東急リゾートタウン蓼科内のゴルフ場に設置したバイオマスボイラーの燃料として活用しています。

02.jpg

木材を燃焼する際は、成長過程で吸収したCO2を放出するに過ぎず、燃焼により新たにCO2を排出する化石燃料と比較して、地球にやさしく「カーボンニュートラル」と呼ばれています。

このように有効に森を活用することで、森の中で楽しみ、森から学び、そしてさらに森を守ることにつながっていく。こうした持続性のある活動を、私たちは大切にしています。

03.jpg

森のバイオマスボイラーについて

配置画像(本文).png

一覧ページへ
MAP タウンマップ
MAP
close_btn
もりぐらしタウンマップ