社会課題への取り組み

地球を思いやるハンドソープ「コネコネマイ石鹸」体験

①循環図.jpg

東急リゾートタウン蓼科では、地球環境保全に繋がる廃棄物削減に協力するため施設内の調理で使用されたオイルを株式会社吉川油脂にリサイクル材料として提供しています。回収されたオイルは過熱分離処理・ろ過等をされた後に精製され、ハンドソープ原料として再生されております。オイルを再利用することで廃棄物が削減されるだけでなくハンドソープ原料とされるはずだった植物油脂を減らすことでその原材料である木々を守る効果も生まれます。

今回は油脂製品製造社のエスケー石鹸株式会社が提供している再生オイルを原料に製造・販売している「コネコネマイ石鹸」の体験イベントを東急ハーヴェストクラブ蓼科にて開催いたしました。

②設置会場.png

参加されたお子様はオイルがリサイクルで循環する過程から環境問題を学びつつ自身の好きな形の「マイ石鹸」作りを楽しく体験することができます。

③石鹸近影.png

東急リゾートタウン蓼科では、タウンコンセプトを「森をまもり、森とともに暮らす」とし森林資源の利活用・保護を核とした「まもる」「つかう」「つなぐ」のサイクルを回していく「もりぐらし」を推進しています。さらに、東急リゾーツ&ステイのSDGsブランドとして、「森を想い、未来につなげる」取り組みを持続的に行うことにチャレンジしています。

一覧ページへ
MAP タウンマップ
MAP
close_btn
もりぐらしタウンマップ